0

たまにはスローでもいいじゃない『淡麗グリーンラベル』の提案がステキすぎる

2017年5月19日 21時00分 (2017年5月22日 08時19分 更新)
朝早くから出社! 昼メシ食うヒマもなく仕事! 日付が変わるころに退社! また出社! …と、毎日忙しく働く社会人は少なくない。

むしろヒマな社会人なんているの!? と思うレベルの世の中に、キリンビールの『淡麗グリーンラベル』がいい物を作ったようだ。

■スローボタン by 淡麗グリーンラベル
©sirabee.com

その提案とは『スローボタン by 淡麗グリーンラベル』。切り株みたいな見ためのボタンだが、コレを押すとどうなるのかというと…。

©sirabee.com

すぐにはなにも起きない。なにも起きなすぎて「本当に押したっけ?」と思うぐらいなにも起きないのだが…。

©sirabee.com

なんと、忘れたころにグリーンラベルが届くというワケ。どれぐらいの期間がかかるのかは定かではないが、ひとつ言えることは“本当に忘れたころにやってくる”ということだけ。

©sirabee.com

■キリンビールの提案とはこのボタンは

「24時間営業のお店、いつでも届く宅配など、あらゆることが便利でスピーディです。慌ただしい日常から離れ、たまにはゆっくりしながら豊かな時間を過ごしてもらいたい」

という、キリンビールのステキすぎる提案から生まれたものだったのである。

■20年前から労働時間が減っていないキリンビールのリリースにも記載されている日本労働組合総連合会が出したデータでも

「20年前から労働時間が減っていない」「スピード優先業務に追い回されている」人が多いことが明らかになっている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!