0

池上さん、日本の英語教育をどう思いますか?

2017年6月20日 07時00分 (2017年6月21日 06時18分 更新)
■Q 池上さん、日本の英語教育は不足していませんか?

 いまに始まった議論ではありませんが、私は日本人がもっと英語を話せるようにしなくては、グローバル化から取り残され、世界での存在感を失っていくような気がします。小学校から英語や英会話をもっと授業で取り入れるべきではないでしょうか。子どものうちに外国語を耳にしていると、身につきやすいように思います。


 仕事柄、アメリカで出会う他国から来た留学生は、高校生であっても、多少アクセントに問題があるものの、「会話」ができています。日本で高校生のレベルではとても考えられない語学力です。(50代・女・医師)



■A お気持ちは大変よくわかります。ですが、私は「小学校から英語教育」という主張に懐疑的なのです。

 アメリカに海外からやってくる留学生の英語が流暢なのは、その国での高等教育が英語で行われていることが多いからだと思います。とりわけ開発途上国では、高等教育を自国語で受けることができないからです。日本も明治維新以降、当初は「お雇い外国人」に英語などで高等教育を受けていました。


 しかし、「日本語で高等教育が受けられるようにしたい」という思いから、学術用語をひとつひとつ日本語に置き換える努力が行われました。その結果、当時の発展途上国としては例外的に高等教育が自国語で受けられるようになったのです。


 ところが、英語力が身につかないという副作用を生みました。


 それでも、日本の英語教育は、なかなかのレベルだと思います。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!