0

人類が地上に降りた理由 京大が新仮説を発表

2017年7月24日 08時02分 (2017年8月17日 18時00分 更新)

 ヒトの祖先が地上生活を始めた理由として、これまでおよそ900万年前以降の後期中新世に起こった乾燥化がアフリカの森林面積を減少させたことが挙げられてきた。人類がサバンナに進出して二足歩行が生じたとするサバンナ仮説によれば、ヒトは開放的な環境で地上生活を送ることで二足歩行をし始めたとされている。つまりサバンナへの進出と同時に地上で生活し始めたとの仮説である。しかし、近年発見された初期のヒト化石はすべて熱帯林や樹が少しまばらになった明るい森林という湿潤な環境で見つかっている。いずれの化石も直立二足歩行していた形跡が見られ、少なくとも部分的には地上生活をしていたと考えられる。このことから、樹から降り直立二足歩行を始めてもなお森林の外には出ていなかったと考えられる。しかし、なぜ森林生活で地上に降りる必要があったのか、その理由は不明なままだった。


 今回、京都大学の竹元博幸 霊長類研究所研究員はチンパンジーとボノボの観察を通して、森林内気温変化とその季節変化が、地上で過ごす時間を増やす主な要因であることを発見した。気温の低い雨季はほとんど樹の上で生活しているのに対し、暑い乾季には地上で過ごす時間が大きく増えることがわかった。一年中温暖湿潤な熱帯雨林の樹上で生活していたヒトの祖先は、乾季の出現と長期化によって森林内での地上生活が促されたと考えられるという。初期人類がなぜ地上で暮らし始めたのか、新たな視点を示す成果だとしている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!