36

織田信長はサイコパスだった? 脳科学者がズバリ解説

2017年8月20日 11時00分 (2017年8月20日 11時18分 更新)
日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYO FMの番組「未来授業」。6月20日(火)の授業講師には、引き続き脳科学者の中野信子さんが登場! 21万部を超えるベストセラーとなった「サイコパス」の著者としても知られる中野さんに、最新の脳科学研究によって解き明かされつつあるサイコパスについてお話を伺いました。



1時間目はサイコパス入門編 http://tfm-plus.gsj.mobi/news/UKLSDLNEeI.html」をお届けしましたが、2時間目となるこの日の放送は、「あの人もサイコパス?」がテーマ!
外見は魅力的、プレゼン上手で面白い。その反面、嘘がバレても悪びれず、他人の不幸にも無頓着。そんな他者への共感性が著しく低いと言われるサイコパスですが、海外の研究結果によると、実は、大企業のCEOや政治家、外科医などにサイコパシー(精神病質)の高い人が多いのだとか。

サイコパスと聞くと猟奇的な殺人者を連想する人が多いかもしれませんが、必ずしも犯罪を犯すわけではありません。

中野さんによると、犯罪を犯すタイプのサイコパスは知能がそれほど高くないと言います。なぜなら露見して捕まってしまうから。その一方で、捕まるという致命的なミスを犯さないサイコパスがいるのも事実。

「サイコパスは言葉がすごく巧みで、相手が何を欲しているのか見分ける能力、さらには相手が何をされたら痛いのか、何をされたら苦しいのか見抜くことに長けていて、飴と鞭を巧妙に使い分けて相手をコントロールする」と中野さんが前回の授業で特徴を話してくれたように、合理的な戦略を立てて犯罪スレスレのレベルで相手から搾取してのうのうと生き延びている人も多いそうです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 36

  • 匿名さん 通報

    秀吉の妻たちの話をよく聞いてあげたり、意外に人の話をよく聞くタイプだったから情報や人材が集まったと思う。 毎日が必死の戦国時代正常な神経でいるほうが難しい。

    23
  • 匿名さん 通報

    11:58 それ面白いと思ったから書き込んでるんだよね。どんなことも自由に発信できるSNS時代になってよかったね。会社の飲み会で愛想笑いしてもらえるけど、陰で嫌われる上司みたいだね。

    18
  • 匿名さん 通報

    サイコパスって差別用語だよね。要は凡人から外れた異能者を反社会性という凡庸さで批判して異端視する言葉。

    14
  • 匿名さん 通報

    エジソンもサイコパス、才能ある奴はみんなサイコパス扱いでok

    12
  • 通報

    パスがサイコーにうまかったの? サッカーかバスケやってたの?

    8
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!