0

Netflixで映画を撮影するメリットとは?『オクジャ』ポン・ジュノ監督インタビュー

2017年8月20日 12時30分 (2017年8月24日 18時52分 更新)
■カンヌ映画祭ではNetflixの映画は賞から除外!?
『殺人の追憶』、『スノーピアサー』の鬼才ポン・ジュノの才能に惚れ込んだブラッド・ピットが製作総指揮を務めた映画『オクジャ Okja』が世界で話題を集めている。
2017年に見ておくべき映画、厳選25本!【洋画編】
一番の話題は、その上映スタイル。映画ではあるがNetflix(ネットフリックス)のオリジナル作品のため、日本をはじめ多くの国では映画館ではなく、オンラインでのストリーミング配信で観るのが基本。
それゆえ、今年のカンヌ映画祭では賞を競うコンペ入りしたものの、審査委員長のペドロ・アルモドバルが「劇場公開を目的としない作品に賞はあげたくない」と発言し、大きな話題になった。
『ダンケルク』のクリストファー・ノーラン監督も、映画館での上映がオンライン配信より先行すべき、という発言をしている。
■ブラッド・ピットはNetflixと組むことに積極的
一方、製作会社プランBの代表でもあるブラッド・ピットは主演もした『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』、ドラマ「The OA」に続いて、Netflixとタッグを組むのはこれが3作目。
プロデューサーとして新しい才能を発掘することに長けているブラピは、既存の枠にとらわれない製作をしていきたいとして、Netflixと組むことに積極的だ。
ではNetflixで映画を撮ることのメリットは映画監督にとってどこにあるのか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!