0

「午後の紅茶」にもデカフェが登場!最近注目のデカフェとは?カフェインの摂取上限は?

2017年8月24日 12時40分
こんにちは。365日毎日お茶を飲むsatominです。

最近、目にする機会が増えてきたデカフェの飲み物。
1998年公開の映画『ユーガットメール』の中で、スタバでのトム・ハンクスの台詞「トール デカフェ カプチーノ!」が印象的でした。その時はじめてデカフェという言葉を聞いたくらい、当時の日本では見かけませんでしたが、約20年という時を経て、日本でもシアトル系コーヒーショップや、コンビニにも普通に並ぶようになってきました。

それもそのはず、カフェインゼロ飲料市場は2012年以降成長し続けていて、デカフェコーヒーの生豆輸入量はここ5年で2.2倍!デカフェ紅茶も商品数や販売金額が急上昇しているのだとか。

そんないま注目のデカフェのセミナーに行ってきました。


◆そもそもカフェインって何?

デカフェとは英語de-caffeinatedの略で、カフェインを持った飲み物をカフェインゼロにしたもの。デカフェ、カフェインフリー、カフェインレスとも言います。

カフェインはお茶やコーヒー、カカオ(チョコ)などに含まれる天然の食品成分の1つです。
紅茶が冷めると白く濁る「クリームダウン」は、温かい紅茶で分離していたポリフェノールとカフェインがくっつくことにより起こる現象です。


▲左:紅茶のクリームダウン現象。右:カフェインを除去した紅茶ではクリームダウンは起こらない


カフェインはエナジードリンクなどにも使われますが、カフェインだけを味わったことのある人は少ないかもしれません。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「午後の紅茶」にもデカフェが登場!最近注目のデカフェとは?カフェインの摂取上限は?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!