0

インストラクターは全員“元タカラジェンヌ”! 日本初「ジェンヌスタイル」とは

2017年9月7日 07時00分 (2017年9月8日 06時47分 更新)
■宝塚の舞台を疑似体験!

 憧れの宝塚のキラキラした舞台に立ってみた~い♪ と、夢見たあのころ。なんと、そんな夢を叶(かな)えてくれるタカラジェンヌになりきれちゃうフィットネススタジオが登場した。今年6月にオープンした『ジェンヌスタイル』(東京・池袋)は、インストラクターが全員、元タカラジェンヌという日本初のスタジオ。ジャズダンスやバレエなど21のプログラムがあり、インストラクターは13人。



「元タカラジェンヌが教えるダンスやフィットネスなので、どのクラスも宝塚の精神が入っています」



 と、統括プロデューサーの初嶺麿代(はつねまよ)さん。



 オープンから3か月で会員数は100人を超え、続々と増えているという。約8割が宝塚ファンで、ほかは舞台やミュージカルが好きな人、フィットネスを楽しみたい人が入会している。



「10代から60代まで幅広い年齢層の方がイキイキとレッスンしていますよ」(初嶺さん)



 日曜日に開催するプレミアム企画は特に人気で、トップスターによる講座もある。



 というわけで、アラフィフ記者が、はやせ翔馬さんが講師の“シャンシャンで宝塚レビュー体験”に挑戦!



本物と同じ長さのリボンをつけたシャンシャンでフィナーレを満喫!

 シャンシャンとは、宝塚ファンならご存じだが、舞台のフィナーレで手にする小道具のこと。



「このシャンシャンは、本物と同じリボンの長さになっています」



 と、はやせさん。元男役だけにスラッとしてカッコいい~♪



 シャンシャンの持ち方、歩き方、立ち方を楽しいトークを交えてレクチャー。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!