0

放送時間の変更、前代未聞の打ち切り?異常事態が続く日曜朝の特撮枠、今後と展望とは

2017年9月21日 20時30分 (2017年9月23日 06時30分 更新)

 テレビ朝日が、ジャニーズ事務所の重鎮・少年隊東山紀之をキャスターに据え、日曜朝の午前5時50分から2時間40分にわたって生放送するニュース情報番組『サンデーLIVE!!』を、10月から放送することを発表して2カ月。

『サンデーLIVE!!』新設に伴い、これまで日曜日の午前7時30分から放送されていた『スーパー戦隊』シリーズと『仮面ライダー』シリーズも、10月からは放送時間を毎週日曜日午前9時から変更することとなった(現在は『ヘボット!』が放送されている日曜日午前7時の名古屋テレビ制作のアニメ枠は、9月いっぱいで約40年の歴史に幕を閉じることに)。

 それに先立ってというか、単純に視聴率が振るわなかったためか、昨年10月から放送が開始された『仮面ライダーエグゼイド』は、8月27日の第45話「終わりなきGAME」で最終回を迎えるという異例の事態に。

 ネット上を見ると、歴代のライダーシリーズのなかでも、特に攻めたデザインだった『エグゼイド』を揶揄するような声も多いが、そこまでひどい出来だったのか? また通常よりも1カ月早い放送終了で、『エグゼイド』後半の物語に影響は出なかったのか? そして何より、放送時間の変更でチビっ子も大きなお友だちも好きな特撮作品には、どんな変化が起きうるのか?

 大きな転換期を迎えそうな特撮界について、ロックバンド「モノブライト」のベースでありながら、「東映特撮ファンクラブ」ではコラムも手掛けるほどの特撮マニアとして活躍中の出口博之氏に、9月3日から放送開始となった新ライダー『仮面ライダービルド』の感想も含めて、いろいろと聞いてみた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!