0

「とりあえず今楽になりたい人」のための肩こり対策超簡単メソッド

2017年9月26日 18時00分 (2017年10月2日 18時22分 更新)
本書で紹介しているのはとてもシンプルなやり方です。

まずは立ってひざを軽く曲げ、痛む方の肩に首を傾けてみましょう。こうすると、痛む肩がぶらんと下に垂れ下がるはずです。

その状態で、ゆらゆらと肩を前後にゆっくりと揺らします。やることはこれだけ。揺らし終えたら頭を正面に戻して、ゆっくり立ち上がりましょう。この動作を行うことで、肩から背中にかけての広い範囲の筋肉の緊張をゆるめることができるといいます。

■痛みの改善のカギ「ゼロポジション」とは

本書の痛み改善法の基本にあるのは「ゼロポジション」という姿勢です。

先述の「肩こり」における、首を傾けて痛む方の肩を下にぶらんと垂らす姿勢のように、体のどの部分にも、痛みが消えたり軽減したりする自然な体勢があります。これが「ゼロポジション」で、患部がもっともラクでリラックスできる姿勢です。

本書では、このゼロポジションを作ってから、体をゆらゆらと揺らすことで筋肉の緊張をほぐすセルフケアを、体のさまざまな場所について解説しています。

慢性化した痛みは、完治させようと思ったら長い時間がかかることが珍しくありません。

「その前に、ちょっとでも楽になりたい」

そう考える人にとって、本書は得るものが多いはずです。

(新刊JP編集部)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!