9

ホールスタッフは全員、認知症――海外からも注目の「注文をまちがえる料理店」

2017年9月28日 07時00分 (2017年9月29日 06時47分 更新)
レストランのトレードマークは、てへっと笑って、ぺろっと舌を出す“てへぺろ”マインドを表している。撮影/渡邉智裕

「ご注文を繰り返します。フォークで食べる汁なし担々麺が1つ……」と、愛くるしいおばあちゃんのホールスタッフが確認するや、「あ、担々麺じゃなくてオムライスです」と、笑みをこぼしながら訂正するお客さん。



 店内が、牧歌的で柔らかい雰囲気に包まれたのは、『注文をまちがえる料理店』という名のレストラン。9月16日~18日の3日間、東京・六本木に期間限定でオープンした。



 実は、この料理店、ホールを担当するスタッフが全員、認知症を抱えている女性と男性で構成されているという、なんとも不思議なレストラン。今年6月3日~4日に開催された、プレオープンでは大きな反響を呼び、海外メディアからも取材申し込みが殺到。認知症を抱える人たちへの新しいアプローチとして、国内外問わず熱視線を送られているのだ。



 それにしても、どうしてこのようなレストランが誕生したのか?



認知症介護のドキュメンタリー番組を作っていたときに体験した“間違え”がきっかけでした」と語るのは、発起人であるテレビ局ディレクターの小国士朗氏だ。



「グループホームを取材していた際に、認知症を抱えるおじいさんやおばあさんに料理を作っていただく機会がありました。その日の献立はハンバーグと聞いていたのですが、いざ出てきたご飯を見ると餃子だったんです」(小国氏、以下同)



 ハンバーグじゃないんですか? と言いかけたものの、「その言葉を口にすると気持ちが窮屈になるような気がした」と、振り返る。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 9

  • 匿名さん 通報

    要は新しいスタイルの介護施設ってことですかね? こういう形で社会参加できる場があるというのは良い事かも。

    14
  • 匿名さん 通報

    そういう店ってわかってていくなら問題なし。料理でてくるまでドキドキたのしめそう。

    12
  • 匿名さん 通報

    どちらにしても、サービス業は、人を喜ばせる楽しませる事が仕事。不愉快にさせる人間の店には2度と行かないはず、衛生管理がちゃんとされて、感謝を伝えられる仕事のやり方をすれば上等だと思う。

    6
  • 匿名さん 通報

    う〜ん…注文だけならいいんだけど、飲食だけに色々考えるとちょっと複雑な気になります。

    4
  • 匿名さん 通報

    「間違うこと」の体言止めは「間違い」です。文中の「間違え」は御用の代表格。「間違え探し」とは言いません。記者としての姿勢に「間違い」がありませんか?

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!