0

【ハイレゾ】違いがわからん…それイヤホンのせいかも。おすすめ厳選4製品

2017年10月6日 20時50分 (2017年10月8日 04時47分 更新)
モニターヘッドホンらしくバランスの良いお買い得な1本です。

優秀なハイレゾプレイヤーを
発売するパイオニアのイヤホン



パイオニア
SE-CH9T
購入価格:9272円
駆動方式:ダイナミック型 
再生周波数帯域:5~5万Hz 
リケーブル:MMCX(バランス化可能)

ハイレゾ対応を謳う1本。ケーブル交換できるイヤホンとしては手頃です。中低音から中高音まで高密度でフラットな音質が特徴です。


最高クラスの中高音域で
高級オーディオの音です



キャンプファイヤーオーディオ
ORION CK
購入価格:4万1790円
駆動方式:BA×1
再生周波数帯域:10~1万9000Hz
リケーブル:MMCX(バランス化可能)

BA1基のため低音域は物足りなりませんが、中音域から高音域のクオリティはトップレベルです。

以上、ハイレゾDAPに合うイヤホン・ヘッドホンの選び方でした。どうせハイレゾで聴くなら、さらに高音質で楽しむイヤホン・ヘッドホンを選びましょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!