0

コストコの超定番チキンがセブンのサラダチキンに大変身!?

2017年10月7日 17時00分 (2017年10月10日 13時48分 更新)

このところ、ヘルシーで美味しいサラダチキンが大人気。そこで編集部では、この流行りに乗っかって、自作サラダチキンにチャレンジ! コストコ定番のさくらどりむね肉2.4kg丸ごと使って、絶品サラダチキンができちゃいました。


サラダチキン人気にあやかって
自作サラダチキンを作っちゃおう!


セブン-イレブンから火がついて、最近ではスーパーや食肉加工メーカーなどからも、こぞって発売されているサラダチキン。手軽に手に入り、ヘルシー、かつ美味しいとあって、いまや食卓の定番となりつつあります。以前、360.life(サンロクマルドットライフ)でご紹介したサラダチキンのランキング記事も、想像以上の大反響! そこで編集部では、この波に乗っかるべく、こんどはサラダチキンを自分でつくってしまおうという本企画。

とはいえ、ただつくるだけでは面白くないので、こちらも大人気、コストコ定番商品「さくらどり2.4kg」で挑戦しました。結果は、超カンタンな方法でなかなかの再現度になりました。


コストコのさくらどりと
炊飯器だけで完成します


調理自体は超カンタン。ふだん料理をしない人でも、さっぱり味の激うまサラダチキンがつくれます。コストコの格安肉のあたらしい調理テクです。

[使うのはこちら]
①とりむね肉



COSTCO
さくらどり 国産さくらどり むね肉 2.4kg
検証時の購入価格:999円

②好みの調味料
白ワインや、塩、ハーブなどシンプルなもので十分です。わざわざ買う必要もありません。

あとは炊飯器を用意したら、さっそくつくってみましょう。


手順は2つだけ!
あとは待っているだけ


①炊飯器にさくらどりとスパイスを投入



炊飯器にさくらどりのむね肉をドボンと入れたら、白ワイン、塩、お好みのスパイスなどの調味料を入れます。味付けも炊飯器で行います。

②お湯を入れ2時間保温します



ひたひたになるまで熱湯を入れたら、保温ボタンを押します。これで2時間放っておくだけ。2時間経ったら、竹串を刺して火が通っているか念のため確認しましょう。血が出なかったら火が中まで通っています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!