1

牛乳のミディアムレア!福島の「べこの乳」はなぜあんなにも濃厚なのか聞いてきた【別視点ガイド】

2017年10月13日 10時00分 (2017年10月24日 10時59分 更新)

福島の温泉宿に来ています。
どうもこんにちは、別視点ガイドの松澤です。

さきほどから必死で吸い込んでいるのは「ソフトクリーミィヨーグルト」。飲むヨーグルトだ。
メーカーは会津中央乳業。福島県内いたるところで目にするので手に取ってみたら、これがまあとにかく濃厚なこと! 濃厚でうまい。

あまりに濃厚すぎて、ストローで吸うのが難しいと評判だ。
実際、なかなか吸い込めない。だが、いざ吸い込むとめちゃくちゃうまい。だから、頑張って吸い込んじゃう。
スマホアプリのガチャに課金するのと似たような心境で、ストローを吸う。

パッケージに描かれてる女の子がかわいい。

中身はどうなっているのとパックを開けてみたら、四角く固まっていた。そりゃなかなか吸えないわけだ。飲む前によく振ろう。

皿に出してみたらストローで豆腐を吸っている人みたくなった。

牛乳「べこの乳」も、これがまた濃厚でうまいんだ。
「べこの乳」は福島県内だと1リットル260円くらい。都内では成城石井などで買えるけど350円ぐらいする。

「べこの乳」も濃厚なのに「もうひとしぼり」はさらに濃厚に濃厚を重ねたような濃厚さ。
舌ざわりがそもそも違う。トロリとしている。
ろ過膜(RO膜)に牛乳を通して圧力をかけると水分だけが出ていく。それを何度も繰り返し、「べこの乳」を濃くしたものが「もうひとしぼり」。
特濃牛乳は添加物を加えて濃くする”足し算”が一般的だが、もうひとしぼりは”引き算”で濃縮している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    隠し味にストロンチウム、セシウム、プルトニウムたっぷりですね。食品添加物はきちんと表示しないと法令違反ですよ!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!