0

【シゴトを知ろう】環境系技術者 〜番外編〜

2017年10月13日 12時02分 (2017年10月18日 12時57分 更新)
「【シゴトを知ろう】環境系技術者 編」では環境系技術者は環境に関連するあらゆる計画に携わる仕事だと株式会社オオスミの高橋正一さんに教えていただきました。

今回の番外編では環境系技術者のキャリアパスや、高橋さんの思い出深い調査場所にまつわるエピソードについて伺いました。

■仕事にやりがいや楽しさを見出せる人は、出世に近い

――この業界ではどんなキャリアパスがありますか? また、出世する人の特徴を教えてください。

どの程度の経験を積めば一人前になれるかは、その人次第です。ただ、業務の途中で事業計画や調査計画が変更することはよくあるので、計画の変更に対応できる柔軟性が求められます。

それに、調査予定日が悪天候だと人員や機材の調整が必要になります。業務の調整はグループ内の担当者の間や、場合によっては他グループとの間で実施する必要もあるため、互いの立場や状況を理解した上でのコミュニケーション能力があるといいですね。他にも必要な能力はありますが、最初のうちは広く浅く知識を広げる一方で、軸となる技術を習得するのが近道です。何か一つ、自分の軸になるものが身に付けば、応用で他の分野にも展開できます。

また出世する人の特徴ですが、同業において第一線で活躍されている方々の共通点は、使命感を持って業務にあたっていることと、好奇心旺盛だということです。

■環境保全は、戦争のない平和な国があってこそできる

――環境系技術者は、地球規模で環境保全を考えるお仕事ですよね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!