0

すこぶる健康だけど“保険”に入っておくべき?

2017年10月13日 20時00分 (2017年10月13日 20時18分 更新)
本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。10月11日(水)の放送では、スカロケ社員の人生プランやお金にまつわる悩みをサポートするコーナー「人生プランニング部」に、ライフネット生命保険株式会社営業本部 マーケティング部長の岩田慎一さんが登場。

ライフネット生命保険株式会社営業本部 マーケティング部長の岩田慎一さん(中央)と、パーソナリティの本部長・マンボウやしろ(右)と、秘書・浜崎美保



24回目となる今回は、リスナー社員から届いたお悩み相談に答えてくれました。

“先日、会社の同僚が入院しました。保険に入っていなかったようでお金が心配だと言っていました。この同僚のように、保険に未加入の人が何らかの病気にかかってしまった場合、保険に加入できるのでしょうか?”
(東京都 29歳 男性 会社員/RN あねきねこさん)

今回の相談者の同僚の方のように、急な病気やケガで予想外の治療費が……しかし、そんな万が一のときの備えをしていなかったという経験をしたことのある人もいるのではないでしょうか。

必ずしも病気経験のある人イコール保険に入れないということはないと岩田さん。「病気やケガの状態や治療の内容、その後の経過などによって加入できるケースもある」と言います。

岩田さんによると、通常、保険の申し込み時には加入希望者の健康状態や過去の病気経験などのヒアリング、直近の健康診断の情報を提出してもらうなど、一人一人個別で総合的な審査を行うのだそう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!