9

68歳、俺がホームレスになった理由

2017年10月22日 08時54分 (2017年10月22日 09時36分 更新)

 路上に寝転がるホームレスのおじさんたちをみて、皆様は何を思うだろうか? 彼らの健康を気に掛ける優しい心の持ち主もいれば、「俺はこんなに仕事しているのにぐうたらしやがって」と怒りを覚える人もいるはずだ。前者と後者はおそらく育った環境が違うのか、そもそも人種が違うのか……。

 しかし両者に共通して言えること。それは、「自分だけは大丈夫!」と心のどこかで安心していることだ。日本の終身雇用制度は崩れ去り、管理職でもバッサリ切られる時代。大企業に就職が決まり、鼻が伸び切っている大学生もそれで“人生上がり”なんてわけにはいかない。誰だってホームレスになる可能性はゼロではないのである。

 もしホームレスになった場合、あなたは生きる希望を失ってしまうだろうか。それとも開き直って明るく生きることができるだろうか。

 東京都庁前にある通称“ふれあい通り”には、西新宿のオフィス街とは思えない光景が広がる。そこには25軒(2017年10月現在)のダンボールハウスが路上に並び、カツカツと革靴を鳴らすビジネスマンの真横で、昼間からぐでんとしたおじさんたちが生活している。とはいえ、人それぞれ事情はあるわけで……。彼らはバイトをしたり、紆余曲折がありながらなんとか生きている。その中で4年前にホームレスになったという青木さん(仮名・68歳)にその人生を振り返ってもらった。

◆俺がホームレスになった理由 ~海ほたるから落下して~

 転機となったのは50代後半の頃だったという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 9

  • 匿名さん 通報

    ホームレスって、金を稼いでるんだな。家がないだけで。生活保護費不正受給者が沢山逮捕されてるのに……。外国人が生活保護を受給できるのに……。まずは日本人を優先して助けよう!!

    8
  • 匿名さん 通報

    わざわざ今日これを掲載する理由が知りたい。

    7
  • 匿名さん 通報

    毎日…炊き出し…食いっぱぐれることはない←日本中の貧乏の皆さーん。ド貧乏の時はTOKYOへGO!乞食の時もTOKYOへGO!ピカドンの時も災害の時もTOKYOへGO!がっぺの憧れTOKYOへGO!!

    2
  • 匿名さん 通報

    既に日本は、総失業時代といっても良いはずやで。サラリーマンも政治家も教師も警察も自衛官も医者も続けてる理由が無い。預貯金や年金のおかげで、まだ表面化していないだけ

    2
  • 匿名さん 通報

    別に経緯なんぞに興味ない。俺つえーの乞食版とか要らないからww

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!