0

青山テルマが胸キュンしたサラリーマン彼氏の“口説き文句”

2017年10月22日 11時00分 (2017年10月24日 16時59分 更新)
鈴木おさむがパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「よんぱち 48 hours ~WEEKEND MEISTER~」。10月20日(金)の生放送では歌手の青山テルマさんが登場。最近のキャラ変について本音を漏らしたり、リスナーメールをバッサリ斬り捨て、笑いを誘う場面もありました。



鈴木:9月にデビュー10周年を迎えたそうですが、デビューしたのは20歳のとき?

青山:19歳ですね。

鈴木:若い世代に共感を呼ぶ歌を歌う青山さんですが、最近ではバラエティ番組ではっちゃけていますね。

青山:ずっとネコをかぶっていたんで。曲が大人っぽかったんですよね。背伸びしていた曲が多かったので、バラード歌っておきながら「タイマン張ってました」とか言えないですよ。

鈴木:あぁ~。

青山:曲に合ったキャラを演じていたというか。

鈴木:根本は変わっていないですか?

青山:全く変わっていないですね。

鈴木:でもバラエティのキャラが引っ張られるときない? 街中でとか。

青山:そうですね。声のかけられ方もめっちゃ変わりました。

鈴木:距離感が違いますよね。

青山:めっちゃ近くなりました。写真はいつでも撮るんですけど「10秒以内にしろ」って。せっかちなんで、10秒以上かかると「じゃあね、バイバイ」って。

鈴木:はははは! 10秒以内だったらいいんですか。どういう呼ばれ方が多いですか?

青山:テルマって呼び捨てですね。

鈴木:でも30歳になってくると“さん”付けする人も増えてきますよ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!