0

江戸前だけじゃない!浅草の「フランス風ロシア料理」が絶品の極み

2017年11月15日 17時00分 (2017年11月22日 07時54分 更新)

江戸前だけじゃない!浅草のグルメ事情

浅草という街は奥が深い。代表するグルメといえば、一番先に想像するのは江戸前の味。蕎麦に天ぷらに鰻、100年を超える老舗が軒を連ねます。これを浅草の表の顔とするならば、裏の顔?も持っています。洋食屋が多いことは有名だが、「ロシア料理」の顔も持っているのはご存知ですか?昭和44年創業の老舗ロシア料理店「マノス」で修行した料理人が次々に店をオープンさせているんです。

絶品!「フランス風ロシア料理」って?

その1つが『ボナ フェスタ』。平成元年のオープンで、看板ではフランス風ロシア料理とうたっております。家庭的なロシア料理にフランス料理のような華やかさを加えているといった印象です。それを証明するかのようなスペシャリテがこれ!

絶対に食べるべき「ロールキャベツ」

料理にかけた時間は味に比例するのでしょうか。8時間も煮込んだという一品は下ごしらえもいれると4日間もかけて作っているのだとか。まるで肉とキャベツは一体化したように等しい柔らかさに仕上がっています。そして、トマトとサワークリームで作ったソースが見た目にも味にも効果的に機能しています。このロールキャベツはもはや家庭料理とは呼べませんね。美しい!素晴らしい!

感動が止まらない!数々のロシア名物

その他の料理のレベルもすこぶる高い。サラダ一つとってみても、ドレッシングのレベルから違います。マスタードなどを使ったオリジナルドレッシングに感動すら覚えます。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!