0

熟女になってから伸びるタイプだっている! 番外編「ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念ブス会*」対談<40歳から何始める?>

2017年11月15日 09時00分 (2017年11月19日 17時31分 更新)

「男女逆転版・痴人の愛」の公演が12月8日から始まるペヤンヌマキさんと安藤玉恵さん。今回は、お二人の生誕40周年記念ブス会ということで、「40歳から何始める?」的には、「記念公演、始めました。」ということなりそう。そんなお二人にとっての「四十路」とは?
(構成:川添史子

■40代になった途端、悩んでいる時間はないと思った

——ペヤンヌマキさんは40歳になったのを機に筋肉トレーニング、能楽鑑賞、内職まで、次々と新しいことに挑戦中です(様子はバックナンバーをご覧ください)。朝4時起きは継続していますか?

ぺヤンヌ(以下、ぺ) (無言で苦笑)

安藤(以下、安) 周囲ではすでに、できないことがネタになってますから。毎日4時起きなんて、絶対に無理ですよ。

ぺ 私、世の中に「絶対」はないって信じてるから。

安 うん、そうだね……。

ぺ でも40代になった途端「悩んでいる時間もない!」みたいな、前のめりで新しいことに挑みたくなる気持ちになったんですよね。安藤さんは元々せっかちだから余計せっかちになるし。

安 身もフタもないこと言うけど、やっぱり年ですよ(笑)。そういう意味では、あらためて「40歳だからやり残したことを」なんていう発想は、私の中にはまったくないんです。日々のチャレンジはありますよ。タイマーをセットして、朝起きてから15分以内に掃除、洗濯、スープまで作ってみようとか。

ぺ それすごいね。それは子供が生まれて今の生活になってから? それとも元々?

安 「15分刻みで計画する」みたいな発想は元々かも。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!