0

生誕地は札幌の小さな酒場?全国でも珍しいオリジナル割り材「サッポロッピー」を飲んでみる

2017年11月15日 12時00分 (2017年11月25日 02時00分 更新)

お酒が好きで何でも飲んでいる私だが、なんとなくの自分の中でのブームがあり、5年ぐらい前はやたらビールが好きで、3年ぐらい前からしばらくはハイボール一辺倒になって、ここ最近はもっぱら焼酎ばかり飲んでいる。

ここで私が言っている焼酎は、高級な芋焼酎や泡盛といった“乙類”の焼酎ではなく、“甲類”の方だ。レモン炭酸で割ってレモンサワーとして飲んだり、緑茶で割って緑茶ハイとして飲んだりする方の焼酎である。

今さらなのだが、“焼酎をいろいろな割り材で割って飲む”、ということの奥深さと面白さを痛感している。前述したレモンサワーやグレープフルーツサワーといった“フルーツ系”、ほうじ茶やジャスミン茶などの“お茶系”、トマトジュースやウコンエキスなどで割る“体に良さそう系”など、どこの居酒屋さんのメニューにも実にさまざまなバリエーションがあり、その日その時の気分で選ぶことができる。当たり前のように享受しているけど、 “割り材”文化が私たちにもらしてくれたものは実はすごく大きいんじゃないだろうか。

さて、そんな“割り材”の歴史に新たな名前が加わろうとしている。

「サッポロッピー」である。

北海道・札幌生まれのご当地割り材だ。しかもその「サッポロッピー」は、カウンターとテーブル席あわせて12席ほどの小さなお店から生まれたという。

うわさを聞きつけ、飛行機に乗って飲みに行ってきた。

生誕地はバー「mayu繭」

「サッポロッピー」の発祥の地は、札幌市中央区の「mayu繭」というお店だ。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!