0

村井邦彦、作曲活動50周年記念コンサートに小坂忠、吉田美奈子らが集結

2017年11月15日 11時00分 (2017年11月15日 11時18分 更新)
アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」に、日本を代表する作曲家でありプロデューサーの村井邦彦さんが登場。12月15日(金)に開催される作曲活動50周年記念コンサート「LA meets TOKYO」について語ってくれました。
(アーティストの坂本美雨がパーソナリティをつとめるTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」11月14日(火)放送より)


村井邦彦さん(右)とパーソナリティの坂本美雨



11月14日(火)の放送では、荒井由実松任谷由実)さんやYMOを世に送り出したプロデューサーであり、アルファレコードの創設者、文化庁日本の歌百選にも選ばれた国民的名曲「翼をください」の作曲者である村井邦彦をゲストにお迎えしました。

坂本:村井邦彦さんといえば、日本の音楽シーンを導いてこられた方。

村井:そう言われると、むず痒いけどなぁ(笑)。なんかいろいろやっていたら、そういうふうにひとつの動きになっていったんだけども。

坂本:作曲活動をされて、もう50年なんですよね。

村井:そうなんですよ(笑)。自分で数えてみて驚いたんですけども、1967年に曲を書きだしましたから、2017年で50年経つんですね。そしてもうひとつ驚いたのは、最初の25年は日本に住んでたんでけど、後半の25年はロスアンゼルスに住んでいるんですよ。だから、ちょっと前にロスアンゼルスに引っ越したと思ったら、もう25年経っているんで自分でもびっくりしているんですけどね(笑)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!