3

国家公務員の退職金、平均でいくら?

2017年11月18日 23時00分 (2017年11月20日 11時42分 更新)

■国家公務員の退職金、平均相場はどれくらい?
巷には「公務員の退職金は高額」という認識が浸透しています。かくいう筆者も漠然と「そうなのよね」と思っています。実態はどうなのでしょうか。国家公務員の退職金(正式名称は「退職手当」)について調べてみました。

■常勤の国家公務員は約26万6000人
国家公務員は、大臣や国会議員、裁判官・裁判所職員、防衛省職員・自衛隊員などの特別職と行政職や外交官、税務署職員などの一般職に分かれています。平成28年度の国家公務員(おおよそ平成28年度末予算定員)は約58万人で、特別職が約30万人(51.1%)、一般職は約29万人(48.9%)です。

国家公務員の退職手当制度は、「独立行政法人の役員や国会議員とその秘書などを除く常時勤務あるいはこれに準じるもの」が対象です。平成28年7月1日現在の常勤職員数は約26万5839人(内閣人事局「一般職国家公務員在職状況統計表」)。前年より193人減少しています。在職者数トップ5は次の通りです(カッコ内は構成比)。

・行政職俸給表(一) 14万8980人(56.04%)
・税務職俸給表 5万2420人(19.71%)
・公安職俸給表(二) 2万3292人(8.76%)
・公安職俸給表(一) 2万3016人(8.66%)
・専門行政職俸給表 7877人(2.96%)

■退職金は「俸給表」をもとに計算される
退職金は上記を含む20の俸給表の適用範囲に基づいて計算されます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • パイン 通報

    官僚は削減で。しかも、早期退職制度で。税金で一生飯を食うと考える事がおかしい。

    1
  • 匿名さん 通報

    いいよね。民間の退職金なんて数百万だよ。現場職で二三百万、ホワイトカラーの管理職でも五百から七百万円程度。一流企業の部長職で一千万円台だよ。まぁ、社長は億単位だけどw

    0
  • 匿名さん 通報

    公務員は退職金を削減して、その分月給を嵩上げすれば良いだろうに。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!