0

最もカッコよく、超難解な本の主張「死に至る病とは絶望のことである」

2017年11月19日 06時00分 (2017年11月28日 05時41分 更新)

『死に至る病』(著:セーレン・キェルケゴール 訳:鈴木 祐丞)

19世紀デンマークの哲学者の代表作の翻訳である。たいへんに難しい本である。

わが国の思想家・三木清の『人生論ノート』は難解をもって知られているが、あの本が難しいのには理由がある。あれは「あえて難しく書いた」本なのだ。

『人生論ノート』は1938年から1941年まで断続的に発表されている。自由にモノが言えない時代であった。三木は「難しすぎてわからないように」書くことによって、同時代の政治、状況、人々の生活などへの批判や提言を表現したのだ。(にもかかわらず、三木は1945年に投獄され、獄中死した)

キェルケゴールには三木のようなのっぴきならない理由があったわけではない。この本が難解である要因のひとつは、「難しいことを言おうとしているので、難しく語らざるを得ない」ということである。

引用しよう。

絶望とは、それ自身に関係する総合の関係における不協和である。しかし、総合それ自体が不協和ということではなく、総合はその可能性であるにすぎない。言い換えれば、総合のうちに不協和の可能性が潜んでいるということだ。

何を言ってるか正確に理解できる人はすくないだろう。わざとわかりにくいところを抜き出したのではない。本書は基本的に、全編この調子なのである。

だがこれは、キェルケゴールの誠実さのあらわれなのだ。

一見やさしくわかりやすく思える記述は、書き手が読み手をあなどっていることから生まれる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!