0

夫にもわかって欲しい! 更年期の不調と不安

2017年12月7日 20時45分 (2017年12月8日 22時12分 更新)

■妻の変化に気付いたとき、夫はどうすべきか?
長年連れ添っている妻が最近ぼーっとしていることに気づいたら?
ささいなことで刺のある言葉をよく吐くようになったら?
家事を遠ざけるようになってきたら?

「年のせいだからしょうがないか……」と思い、そっとしておく男性方が多いのではと思います。あるいは逆に「家族のためにしっかりしろよ」と鼓舞する言葉がけをする方もいるかもしれません。それらは少し間違った接し方です。

更年期の症状はただ年齢を重ねたから出てくるものではなく、女性ホルモンのバランスが崩れるという明確な原因があります。症状が出てくることで夫との関係、家族との関係がよくない方向に向かうのを予防するにはズバリ「夫の理解」が必要です。

■更年期やPMSが理由で後ろめたいと思う女性は多数派
妻側は自分の更年期の症状で、夫や家族との関係をどう考えているのか「ホルモンケア促進プロジェクト」で調査した結果を見てみましょう。

「夫に申し訳ないと感じる」妻は「まあまああてはまる」「非常にあてはまる」を合計しますと37.7%。4割弱が「ごめんなさい」と思いながら日々を過ごしています。この暗い気持ちが長期間継続するとまったく元気がない妻になってしまいます。放っておくのはよくありません。

「夫との喧嘩が増加」は50.1%。これはあなどれない割合です。半数は夫婦喧嘩が増えたと自覚しているのです。

そしてその原因は、次の調査結果「家事がいやになる」の割合を見れば明確です。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!