0

Googleのビールとハンバーガーの絵文字、非現実から現実的なものに修正

2017年12月7日 22時07分 (2017年12月11日 09時51分 更新)
  • 12月にリリースされるAndroid 8.1
  • Googleはいくつかの絵文字を修正すると発表
  • かねてから“あり得ない”と論争が起こっていたビールとハンバーガーがそれです

Googleのビールとハンバーガーの絵文字、より現実的な絵に修正される

Image:Emojipedia/Gizmodo US

ジョッキ満タンになりました。カンパイ!

12月にリリースされるAndroid 8.1で、Google(グーグル)はいくつかの絵文字を修正します。

開発者向けベータ版ではすでに修正されていますが、ビールハンバーガーの絵文字がそれ。実はこれまで世界中でいろいろと論争が起こっており、CEOのサンダー・ピチャイがOSのアップデートを機に修正するよう指示を出したのです。

まずはトップ画像のビールを乾杯している絵文字。パっと見で違和感を覚えないかもしれませんが、ジョッキのビールが半分なのに泡がモコモコと出ています。同様に、ジョッキ単体の絵文字もそうなっていました。

これは怪奇現象にほかならず、注意してみると現実ではほぼ起こらないことに気が付くかと思います。

そしてハンバーガーはチーズの位置。おそらく普通なら、アツアツの肉の上にチーズがトロっと溶けているのが理想かと思われますが……従来の絵文字は肉の下にチーズが敷かれていました。

mage: Emojipedi /Gizmodo US

とはいえ、これは現実で起こりうる現象ですし、食べる時にこの並びが好きな人もいるかもしれません。そんなこともあり、ハンバーガーについての論争は収束しつつあります。

これらの修正には数週間かかったそうですが、いずれにしても年末の正式リリース時にはどちらも直っているはずです。その際は、チーズの溶けたハンバーガーをかじりながら満タンのビールで乾杯したいものですね。

Image: Emojipedia
Source: Emojipedia
Adam Clark Estes – Gizmodo US[原文

岡本玄介

共有:

関連記事

» 【家でやる】外に出なくたってUFOキャッチャーが出来る時代 オンラインクレーンゲーム「クラウドキャッチャー」
» いま手に入る一番美しいスマホ「Galaxy S8」は性能も凄かった
» ウェブブラウザ―のシークレットモードは意味がない!って本当?
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!