0

上原浩治、メジャーリーガー同士の交流明かす「探り合いは一切なし」

2017年12月13日 17時00分
高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみのこれから、何する?」。12月12日(火)の放送には、メジャーリーガーの上原浩治選手が登場! たかみなと一緒に2017年のヒット商品を振り返りつつ、自身のことや今後のこと、さらにはメジャー入りが決まった大谷翔平選手のことまで、たっぷりと話してくれました。



今季はシカゴ・カブスと契約していた上原選手。来季でプロ生活20年を迎えますが、現在は所属チームが決まっておらずフリー。それだけに、今は「スゴくモヤモヤしていますよ」と複雑な心境を吐露。そんな気持ちの中で練習に励むのは、どこを目標にしていいのかわからずとても大変だそうです。

上原選手自身は当初メジャーリーガーとしての選手生活も2、3年で終わると思っていたそうですが、気がつけば現在9年目。「日本でも10年間(プロとして)やっていたので、アメリカでも10年はやろうっていう考えですね」とコメントをしていました。現在はイチロー選手を目標としているそうで、「イチローさんより先に辞めたくないなという思いもあります」と本音もチラリ。

そんな上原選手に対して、たかみなからはメジャーリーガー同士の交流についての質問が。現在メジャーリーグには多くの日本人選手が在籍していますが、彼らと食事に行ったりするのか尋ねてみると、「ありますよ」と即答。以前シカゴ・カブスでチームメイトだった川崎宗則選手(現在は福岡ソフトバンクホークス所属)とはよく食事に行き、ほかにも敵チームの選手とも普通に行ったりしているとか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「上原浩治、メジャーリーガー同士の交流明かす「探り合いは一切なし」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!