0

日本一の“ブサかわ犬”飼い主を失った、わさおの気丈な姿とは…

2017年12月15日 06時00分 (2018年1月11日 17時00分 更新)

お別れの日となった12月2日。自宅から出棺し、火葬の前にゆかりの地を巡る節子さんと、それをじっと見送るわさお

[拡大写真]

2007年11月、青森県の鰺ヶ沢(あじがさわ)町。ケガをした白い野良犬が、近づく人を威嚇(いかく)していた。

町民が「これはダメだ。かわいそうだけど保健所に」と話しているところに通りかかったのが菊谷節子さんだった。

引き取られたこの子犬は節子さんとの絆(きずな)を深め、その後、ブログやテレビで紹介されると、瞬く間にブサイクだけどカワイイ“ブサかわ犬”として全国区の人気者に。節子さんとわさおに近しい工藤健さんは言う。

「菊谷さんがおなかの具合が悪いと、わさおもおなかを壊していることがしばしばありました。絆や仲がいいという次元ではなく、一心同体だったのでは」

そんな節子さんが、11月30日に亡くなる。過去、節子さんが入院した際は、ストレスから体中の毛が抜け落ち、10kgも痩せてしまったわさお。最愛の人との別れに、どれほど悲しんでいるのかと思いきや…。

「菊谷さんがお亡くなりになった日のわさおは、思いのほか落ち着いていました。むしろ人間を見て『何を騒いでいるのか』と毅然(きぜん)とした雰囲気がありました。わさおの胸の中では、菊谷さんはまだ生きておられるのでしょう」(前出・工藤氏)





(撮影/工藤 健)

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!