1

冷蔵庫ならまさにいまかも!専門家に聞く家電の“買い替えどき”

2017年12月16日 16時00分 (2017年12月18日 15時48分 更新)



「買い替えたいけど、使えるのに捨てるのはもったいない」――家電の買い替えどきは、いつも悩ましい! そこで、それぞれの“寿命”と“買い替えどき”を専門家に聞いた。



「エアコンなどの場合、10年前までは家電の寿命、つまり『買い替えどき』を明言できましたが……今はあってないようなものなんです」



“家電の寿命”を聞きにいくと、IT・家電ジャーナリストでオールアバウトガイドの安蔵靖志さんはこう苦笑した。



「約10年前までは省エネの進化が著しく、消費電力に劇的な変化がありましたが、現在は進化しきった感があります。数年前の製品と最新家電を比べても省エネ性能はあまり変わらない。今は“壊れたときが買い替えどき”の時代です」(安蔵さん・以下同)



10年以上前に買ったものでなければ、“壊れるまで使い続けろ”ということ……?



「“長年使うと危険”というものが家電にはあまりないので、性能に不満がなければそれでも大丈夫。ですが、そうなると永久に買えませんから、迷ったときに参考にしたいのが“補修用性能部品の保有期間”(以下・保有期間)です。電化製品の部品は“製造終了後にメーカーが保管しなければいけない期間”が法律で決まっています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    今は家電の廃棄が難しいから買い換え需要を抑制してしまっている。もっと簡単に家電を処分出来るようにすれば買い換えも気楽に出来るようになるんだけどなぁ。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!