休日のお供に、こんな腕時計はいかが?

2017年12月16日 14時00分

高級時計はもちろん素敵だけれど……。休日をアクティブに過ごす大人が増えてきた昨今、“それ”用のアイテムも一本は持っておきたい。そこで、ちょうどいいアイテムがタイメックスとニクソンから発表されたので紹介する。

軍用時計の生産も担った前者、スポーツシーンで絶大な支持を得る後者と、どちらも機能面においては実績十分。何より、背景に潜む逸話がまたブツ欲をそそるじゃないの。


「タイメックス」の腕時計

34㎜径、SSケース、手巻き。3気圧防水。3万8000円/DKSHジャパン 03-5441-4515

タイメックスから海男のための腕時計が60年ぶりに復刻した。その名は「マーリン」。マカジキのことである。

同作は、タイメックスが1950年代半ばに発表した、防水・防塵・耐衝撃性を備えたタフウォッチだ。発売時のTVCMは、モーターボートのスクリューにこの時計を取り付け、そのままボートを海に走らせるというもの。でもこの「マーリン」はきちんと動いていた! というオチだった。

こちらは、当時と同じ手巻きキャリバーを採用しつつ、堅牢性を高めたSSケースとリザード型押しのストラップに変更。ミッドセンチュリーの趣あるスタイリッシュなデザインは、海男の正装、ブレザーの手元に最高に似合うはず。


「ニクソン」の腕時計

SSケース、37㎜径、クォーツ。1万7000円/ニクソン 03-6415-6753

詳しい人ならピンとくる。手のひらから舌が飛び出した「スクリーミング・ハンド」でスケーターの心を鷲掴みにした、ジム・フィリップスの描いたイラストだ。

彼がアートディレクターを務めるデッキメーカー、サンタクルーズと、ニクソンによるこのコラボウォッチ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。