1

突然死の影に“静かな殺し屋” 大動脈瘤破裂の兆候と予防策

2017年12月16日 13時00分

 自覚症状が少ないため“静かな殺し屋”とも言われる大動脈瘤。寒い季節になると発症件率が上がると言われる病気だ。

 さる11月16日夜、アニメ『それいけ! アンパンマン』(日本テレビ系)のドキンちゃん役などを担当する声優、鶴ひろみさんが急死した(享年57歳)。東京中央区の首都高速に駐車した車の運転席で意識不明の状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。正式な病名は「大動脈瘤解離」で、この病気で亡くなる人のほとんどが“突然死”と言われるものだ。
 発見法は定期的な検査が基本となるが、くしゃみや咳などの圧力で血管が膨らんでできた“こぶ”が破れるなど、ちょっとした体調変化で気づく場合もあるとされる。

 医学博士の米山公啓氏はこう言う。
 「血管の“こぶ”は、50歳代から急激に増え始めます。日本国内での正確な数字は不明ですが、海外では60歳以上の男性の5%以上が抱えるとの報告もあります。心臓から伸びた大動脈は内膜と中膜、外膜の3層構造のチューブ状ですが、何らかの理由で内膜が裂け血液が中膜に入り込んでしまい、両方の膜が解離する。さらに血液が流入することで外膜がこぶ状に盛り上がり、大動脈瘤となって破裂するというものです」

 米山氏によれば、即死するケースとしては、心臓から上に伸びた部分の大動脈瘤が破裂し、頸動脈に血流が行かなくなると即死することが多く、大動脈瘤の死因の6割がこうした要素に当たるという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「突然死の影に“静かな殺し屋” 大動脈瘤破裂の兆候と予防策」のコメント一覧 1

  • 日本人 通報

    海自空自に中核派創価学会や革マル派自衛官が最近増えてると聞くが、護衛艦やガメラレーダーのSM3レーダーレーザー攻撃により変死する方が増えているそうだ。有事の際には高出力レーダーには気を付けたい。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!