0

二日酔いの症状が出ない人は健康状態に注意!?

2017年12月17日 17時30分 (2017年12月19日 17時27分 更新)

taa / PIXTA(ピクスタ)


年末になり飲酒の機会が増える季節がやってきた。対策は万全だろうか?


「わたしはお酒を飲んでも二日酔いの症状が出ないので問題ない」と思っている人もいるかもしれないが、実はそれが思わぬ落とし穴になることもあるという。


「二日酔いの症状が出ない人は、お酒に強いわけではなく、実は内蔵の機能が低下している場合が多いのです。健康な人ほど飲むと気持ち悪くなり、お腹を壊したり、頻尿になります。肝臓の機能が働き、毒性の強いアセトアルデヒドを尿と便で排出しようとするからです」(東京都内のクリニック医師)


二日酔いの症状はむしろ出なければいけないのだという。


「一番やってはいけないのは、二日酔いの症状を恐れて長期間にわたって中途半端にお酒を飲むことです。内蔵の働きはアルコールの毒に麻痺して、どんどん鈍っていきます。最後には重篤な疾患につながりかねません」(同・医師)


つまり、毎晩飲んでも二日酔いの症状が出ないのは、酒に強くなったわけではなく、単に内蔵の働きが弱っているだけという可能性があるのだ。


 



■ 自分の体質の合わせた「二日酔い予防」を


では、この季節、どのような酒の飲み方をするのが一番いいのだろうか?


「徹底して飲んでも構いませんが、毎晩の大酒はできるだけ避けるべきです。ちゃんと1~2日空けて“休肝日”を作りましょう。もちろん、飲んだあとは、スポーツドリンク、入浴、ウコン、シジミのみそ汁など、その人に適した二日酔い対策を忘れてはなりません」(同・医師)


なお、酒を飲むとすぐに顔が赤くなる人は、そもそもアセトアルデヒドを代謝する酵素が体内にないので、アルコールに弱い体質だ。できるだけ飲酒の席ではノンアルコール飲料にした方がいいだろう。


 


【画像】


taa / PIXTA(ピクスタ)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!