使うほどに愛着が湧く。“手巻き”時計の魅力

2017年12月17日 14時00分 (2017年12月20日 07時46分 更新)

実用性だけを考えるなら、機械式時計は自動巻きのほうが便利に違いない。だが、手巻き時計には主ゼンマイを巻き上げるという楽しみがある。

愛機が時を刻むのをやめないように、自らの手で命を吹き込む。その感覚が魅力なのだ。

ロングパワーリザーブが支える多彩なカレンダー表示
ORIS
オリス/アートリエ キャリバー 113

SSケース、43㎜径、手巻き。71万円/ユーロパッション 03-5295-0411

シースルーのケースバックからはオリスの自社開発ムーブメントの第4弾、キャリバー113が覗く。このムーブメントはこれまで同様に約10日間のパワーリザーブを誇る。その一方で、日付と曜日表示に加え、スモールセコンドも統制。文字盤外周に2重に配された、週と月を指し示すポインターハンドも特徴だ。

ユニークなフォルムの愛すべきオールドピース
TISSOT
ティソ/ヘリテージプリンス Ⅰ メカニカル

K18YGケース、縦49×横26.8㎜、手巻き。54万2000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7361

大ぶりなレクタンギュラーケースをカーブさせた形状から、“バナナ・ウォッチ”の愛称で親しまれたオールドピースの現代版。手首にフィットするケースと個性的なアラビアインデックスが所有欲をくすぐる。

ブランドの歴史を感じる“初”のクロノグラフ
PANERAI
パネライ/マーレ ノストゥルム アッチャイオ – 42mm

SSケース、42㎜径、手巻き。107万円/オフィチーネ パネライ 0120-18-7110

パネライ初のクロノグラフ、マーレ ノストゥルム。1943年にイタリア海軍の甲板将校用として登場したプロトタイプ以降、実際に製造されることはなかったが、’93年に復刻された。こちらはそのリバイバルモデル。深いブルーの文字盤に夜光アラビア数字とバーインデックスが映える。

航海にオマージュを捧ぐ BR 01の新境地
BELL & ROSS
ベル&ロス/BR 01 インストゥルメント ドゥ マリン

ローズウッド×チタン×ブロンズケース、46㎜径、手巻き。110万円/オールブルー 03-5977-7759

航空機の計器をイメージソースとするBR 01シリーズのなかで、異色の今作。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。