0

警察官のいない離島は無法地帯にならないの? 住民に聞いてみた

2017年12月17日 15時52分 (2017年12月17日 16時16分 更新)
◆警察官がいない離島で事件が起きたらどうなる?

 11月、鹿児島県の竹島で、島に1人しかいない郵便局員が失踪し話題になった。人口500人を割り込むほどの離島では、郵便局のみならず警察官が1人もいない場所も珍しくない。無法地帯になっていないのか? まずは近畿地方の離島住民に聞いてみた。

「3か月に1回ほど犯罪が起きるけど、110番か直通番号で呼べば、その日のうちには船で来てくれる。その他にも自警団があって、住民同士で結束しているよ。大きい声を出したら周りのみんなが来てくれるから。警察は定期的に来てパトロールもしてるよ」

 通報から到着までの間がもどかしい気がするが、それも平和であるゆえか。続いては九州地方の人口200人以下の離島。

「事件が起きた記憶はないし、あまり警察は必要ないかも。火事や事故の際に、大きな島から船で来たり、年に1回巡回するくらい」

 さらに、東海地方の離島は「普段お巡りさんがいないから、島を走るバイクライダーはヘルメットを被らなかったりもする(笑)」とか。事件だらけの本土とは、そもそも別世界のようだ。

― 今どうなっている? 気になる疑問を調べてみた ―

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!