0

年末年始は最大のピンチ!? 今すぐできる空き巣対策がコチラです

2017年12月18日 05時00分 (2017年12月21日 13時27分 更新)

1年でもっとも空き巣被害が増える時期、いつかご存知ですか? 正解は……年末年始です。「留守宅が増える」「日没が早いため家の明かりで留守確認がしやすい」「普段より多めに現金が置かれている」などなど、空き巣犯にとってオイシイ条件が揃っているようです。とはいえ、今すぐ警備サービスに申し込むのはハードルが高いですよね。そこで、今回は比較的安価でカンタンに取り入れられる防犯グッズをご紹介いたします。


窓からの侵入は
アラームでブロック!


まずは、窓ガラスからの侵入防止に役立つ「ウインドウアラーム」をご紹介します。



ELPA
薄型ウインドウアラーム 2個入
ASA-W13-2P
実勢価格:2450円
本体サイズ(約):幅3.3×奥行0.8×高さ9.3cm
マグネットサイズ(約):幅1.1×奥行0.9×高さ3.2cm


厚さ約8mmの薄型アラーム。設置方法は裏側のフィルムをはがして窓に貼るだけ!



スリムで小型なのに、「衝撃検知・開放検知・衝撃&開放のダブル検知」ができるスグレモノです。



細かい設定は不要。窓に設置したらスライドスイッチを動かすだけでOKです。



スライドスイッチが大きめなので、操作がしやすく、「ON(警戒中)・OFF(解除)」がひとめで分かります。



本体とマグネットが約8mm以上離れると、大音量のアラーム(約90dB/50cm)が約25秒間鳴り続けます。



ガラスの破壊・衝撃を感知したときも同じようにアラームが鳴ります。高精度な検知機を搭載しているので、雨や風などの振動で誤作動しないようになっています。


怪しい人影はライトで
照らし出しましょう


続いては、人の気配を察知してパッと点灯する「センサーライト」をご紹介します。



ムサシ
LEDどこでもセンサーライト
ASL-090
実勢価格:1902円
本体サイズ:幅9.2×奥行8×高さ10cm (三脚13cm)
本体重量:145g(乾電池、三脚除く)


人の動きを検知すると自動で照明がつくセンサーライト。ドロボーにとって光は大敵なので、家の死角(暗がり)に設置しておけば侵入防止に役立ちます。

この「どこでもセンサーライト」には自由自在に曲がる三脚が付属していて、室内はもちろん、外のフェンスや柱、物干し竿、足場の悪い地面など、どんな場所にでも設置できます。

三脚は取り外し可能で、下には強力マグネットが付属。金属製の物置の壁などに設置したい場合は、この強力マグネットが役立ちます。



ライトは360度回転します。「センサーモード」から「常時点灯」に切り替えることができるので、イザという時は懐中電灯として使っても◎。

以上、カンタンに取り入れられる防犯グッズの紹介でした。年末年始に限らず、ドロボーはスキあらばやってきます。「ウチは無防備すぎかも……」と思ったら、ぜひ参考にしてください。



注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!