0

奈良・鴻ノ池に新たなスターバックス、公園の自然に囲まれた美しいロケーション

2017年12月18日 17時00分 (2018年1月6日 14時55分 更新)
緑あふれる公園と大きな池を目の前に望む絶好のロケーションに、新しいスターバックスが2017年12月15日にオープンした。場所は、奈良市の鴻ノ池運動公園。奈良県内で最大規模の店舗となる。


まず、建物の大屋根が店舗の外部と内部を一体化させ、天気が悪くても小雨程度なら、また日除けにもなるので、外でも気軽にドリンクやフードが楽しめる。外にはベンチ席も多く、散歩やランニングの途中などに立ち寄って休憩するのにも利用しやすい。


そして、公園の自然になじみやすいように天井や外壁部分に「木材」がふんだんに使用し、天井や家具も木が多く、温かみある雰囲気を演出する。窓が大きいので、店内からも鴻ノ池がよく見える。店内にはテーブル席、ソファ席、カウンター席と、座席のバリエーションも豊富だ。


天井には、木製のモビールアートも設置。これは、スターバックスと地域とのつながりの場、公園の自然と一体化した“つなぐ”想いが込められているという。コーヒー農園を描いたアートワークも必見。


さらに、U字状のバーカウンターは、コーヒーを抽出するシーンを眺めたり、バリスタと会話したりもでき、よりいっそう楽しめる特等席といえる。


ここで現在、東京ミッドタウン店、エキマルシェ大阪店など全国24店舗のみ限定の『スターバックス(R) ナイトロ コールドブリュー コーヒー』(トールサイズ税抜520円など)を、奈良県の店舗で唯一提供する。熱を加えず水でゆっくり時間をかけて抽出する水出しコーヒーに窒素ガスを注入して一杯ずつ提供するこのコーヒーは、豆の奥深い味やなめらかでクリーミーな味わいなど、一度飲むとやみつきになりそうな美味しさだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!