0

結婚にかかる費用はいくら?平均総額は463万3000円?

2018年1月13日 19時30分 (2018年1月14日 19時42分 更新)

■結婚にかかる費用は意外と高額、計画を立てて準備を
結婚を考え始めるカップルにとって、「どれくらいお金を貯めないといけないの?」「みんなはいくらくらい使っているの?」など、気になることの1つに結婚費用があるでしょう。結婚式などは2人だけでなく両家も含めて話を進めていかなくてはいけません。結婚後は新生活も始まります。気持ちよく2人の生活がスタートするように、お金の話はきちんとしておきましょう。ゼクシィ結婚トレンド調査2017(リクルート社)の調査から、結婚に関するお金情報をご紹介しましょう。

■結婚費用の平均は総額463万3000円


上の表は、結納から新婚旅行までの結婚にかかった費用総額とその内訳の平均です。総額の平均は463万3000円となっています。この金額の高さにビックリした人も多いのではないでしょうか?中でも一番高額なのが、挙式、披露宴・披露パーティの354万8000円で、総額の8割近くを占めています。次に高額なのが新婚旅行。お土産も含めると71万7000円。新婚旅行へは、お土産代も考えてから計画することが大切ですね。

また、婚約指輪と結婚指輪をあわせて59万5000円。指輪へのお金のかけ方はカップルによってかなり差がでてくるところです。意外と見落とされがちな指輪代。2人で吟味して選んで下さい。

■挙式・披露宴の平均は総額355万円


挙式や披露宴にかかるお金は354万8000円とかなり高額となっていました。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!