「ジラール・ペルゴ」の哲学についてCEOが語ったこと

2018年1月17日 14時00分

225年を超える歴史を持つジラール・ペルゴ。「ロレアート」をはじめとした、時計好きを唸らせるハイクオリティなモデルを揃えるブランドである。今現在のブランドの展望を、CEOのアントニオ・カルチェ氏が語ってくれた。

ジラール・ペルゴとは?
時計作りの聖地、スイスのラ・ショー=ド=フォンに工房・製造部門を構えるウォッチブランド。その歴史は1791年にまで遡る。時計師ジャン=フランソワ・ボットがジュネーブで設立した時計製造会社が源流。

その後、時計師コンスタン・ジラールと妻マリー・ペルゴの結婚を機に、1856年にジラール・ペルゴとしてブランドがスタートした。数少ないマニュファクチュールとして時計ファンから高く評価されている。


「創業以来“精度”を徹底的に追求し続けています」

ソーウインドグループ CEO アントニオ・カルチェ氏。1967年、イタリア生まれ。マイクロテクノロジーと経営学の学位を取得後、’94年にピアジェの技術部門の責任者としてリシュモングループに入社。2000年にパネライのゼネラルディレクターに就任する。’05年には副社長としてコルムに迎えられ、組織と経営構造の見直しに尽力する。’14年1月、ジラール・ペルゴを擁するソーウインドグループのCEOに就任。一貫して高級腕時計業界で豊富な経験を重ねてきたプロフェッショナルである。プライベートでは3人の娘を持つ良き父親。

実に2世紀を超える歴史を持つマニュファクチュール(※1)、ジラール・ペルゴ。時計ファンからも時計業界からも敬意を集めるブランドながら、実際のモノ作りを知る人は、意外に少ないのではないだろうか。

「私たちが培ってきた時計作りのノウハウは計り知れない財産ですが、CEO就任以前は、実は私にとってもニッチなブランドという印象でした」。

そう語るのは、ジラール・ペルゴを擁するソーウインドグループのCEO、アントニオ・カルチェ氏。名だたるウォッチブランドでキャリアを重ねてきたこの人物がニッチだというのだから、我々としても少しホッとする。

「創業から続く時計作りの哲学のひとつが、精度の追求です。1957年には、超薄型の高振動自動巻きムーブメント“ジャイロマティック”を導入。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。