0

「とくに用事は無いけど」で始まる長電話 期待していい?バレンタイン恒例『ラブレターコンテスト』

2018年1月19日 12時19分

 もうすぐバレンタインデー。2018年の今年も日本製紙連合会が主催する『その気持ち、紙に書いて伝えよう~ラブレターコンテスト』が開催され、1月15日~2月28日の期間で作品を募集しています。今年は夢みるアドレセンス志田友美さんが特別審査員として参加。また、2月には池袋のサンシャインシティで体験イベントも開催されますよ。


 携帯電話やメール、SNSといったデジタルツールのコミュニケーションに慣れた若い世代を中心に「手紙を書く」体験を通じて、デジタルにはない、紙に書いて気持ちを伝えることの良さや効果を再認識してもらうことを目的として、2011年から開催されている『ラブレターコンテスト』。今回で8回目を迎え、応募作品数も年々増加しています。


 ちなみに、見出しの画像は昨年(2017年)の受賞作品である17歳の女性・Hさんの作品。Sさんに向けたメッセージです。「特に用事はないけど」で電話かけてくるくせに、何時間も会話が続いちゃうって……それは期待しちゃうのも仕方ないですよねー。


 このコンテスト、ラブレターを送る相手は大切な想いを伝えたい相手であれば誰でもかまいません。厳正なる選考の上、優秀作品に選ばれた方には「BALMUDA The Toaster & The Pot」をはじめ、豪華賞品を贈呈し、その作品は日本製紙連合会のホームページで発表されます。審査委員長はコピーライター・作詞家の佐々木圭一さん。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!