0

浪費家の彼女の機嫌を損ねず、ムダ使いをやんわり注意するセリフ9パターン

2018年1月22日 17時00分

浪費家の彼女の機嫌を損ねず、ムダ使いをやんわり注意するセリフ9パターン

[拡大写真]

高価なブランド品や洋服など、彼女の豪快なムダ使いに悩まされている男性は多いのではないでしょうか。お金の問題はデリケートな話題だけに、注意の仕方には気をつけたいもの。そこで今回は10代から30代の独身女性210名に聞いたアンケートを参考に、「浪費家の彼女の機嫌を損ねず、ムダ使いをやんわり注意するセリフ9パターン」をご紹介します。

【1】「ストレス溜まってるの? パッと遊びに行こうか」と気遣う口調で遊びに誘う

「楽しい提案をされたら、そっちに意識が行く」(20代女性)など、買い物以外の気晴らしを提案することで、目先のムダ使いをやめさせる方法です。遊びに行けば別途お金がかかりますが、ワリカンでお互いに楽しめれば結果オーライといえそうです。

【2】「また一緒に旅行したいから、ちょっとずつ貯めない?」と節約の理由付けをする

「楽しみな目標があれば我慢しやすい」(20代女性)など、明確な動機があればセーブする気になれるという女性もいます。事前に旅行雑誌で情報を収集し、「30万円貯まったらフランスに行けるね!」というように具体的な金額を提示するといいでしょう。

【3】「その服も似合うけど、この前買ったヤツの方が似合ってたよ」と決定を保留させる

「その場の物欲を抑えられればOK」(20代女性)など、別の選択肢を提示することで、物欲の先延ばしを促す作戦です。怪訝そうな顔をされたら、「あっちのほうが似合うよ」と褒め言葉を加えると、素直に聞いてもらえるでしょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!