0

「個」が消え、(笑)が残る

2018年1月23日 07時00分
■笑う門には福来る

 あくまでも個人的な好き嫌いの話として聞いていただきたい。


 動物は笑わない。『ナショナル ジオグラフィック』の記事によると、現在までのところ動物でも類人猿とラットは「笑う」らしい。しかし、これは「くすぐり実験」の結果として分かったことであって(心理学者や動物学者の中には、いろいろな動物をくすぐるのを仕事にしている人がいるのである。これはちょっと笑える)、人間の笑いよりもはるかに原始的な反応である。



 笑う。それはきわめて人間的な行為であり、人間を人間たらしめているもののひとつだろう。生まれてしばらくの間、赤ちゃんは無表情である。僕の娘も、生まれてすぐの頃は眠っているか、起きていても泣いている以外のときはまったくの無表情だった。考えてみると、まとまった時間ずっと無表情でいる人を見る機会はあまりない。人間の無表情が新鮮だった。そのうち微笑むようになり、さらには声を出して笑うようになる。そうすると一気に人間らしくなってくる。その娘もするすると成長し、いまでは酔っぱらって人に毒づくなど、高度な人間感情を発揮するようになった。


 笑いが嫌いな人は滅多にいない。笑う門には福来る。「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」というのは本当だと思う。声を出して笑わなくても、とりあえず口角を上げてにっこりすると自然と機嫌がよくなる。自分だけでなく、他人も気分がよい。笑いは実にいい。


■「哀」の笑い

 喜怒哀楽の4つの基本感情のうち、笑いという感情表現と親和性が高いのは、言うまでもなく喜と楽である。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「個」が消え、(笑)が残る」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!