0

ナイナイ岡村、大好きな大物女優Mとキスするも「つらかった」と告白

2018年2月13日 17時00分
(画像はTVerのスクリーンショット)

恋愛ドラマなどでよく見かけるキスシーン。俳優・女優たちが濃厚なキスをしているのを見て「うらやましい」と思ったことがある人もいるだろう。

12日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABCテレビ)でのナインティナイン・岡村隆史(47)の大物女優とのキスが話題になっている。

■大好きな松下由樹とのキス番組ではドラマのキスシーンについてトークを展開。数回ほどだが、女優とキスシーンを演じたことがあるという岡村。キスをすると、相手の女性が好きになってしまうと明かした。さらに、「女優さんってキスしても『おつかれさまでした』って普通に帰っていくのよ」と、女優・松下由樹(49)とのキスの思い出について語り始めた。

もともと松下のファンだった岡村は「ずっと好きで。どうやったらキスできるかな」と思い、自身の番組のドラマコーナーでキスシーンをオファー。すると、松下から「全然大丈夫ですよ」と快諾してもらったという。

■キスをするも「つらかった」キスをするためだけの企画で、好きな女優がキスを快諾してくれたため「たまらんかった」と喜びを漏らした岡村。

しかし、本番でキスをしたところ、松下は「おつかれさまでした~」とさっぱりとした様子で現場を去っていったとのこと。岡村は「(キスをするのは)女優さんって当たり前なんですって」と振り返りながらも、当時は「さっぱりしてる」と感想をもったよう。

そして「つらかった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ナイナイ岡村、大好きな大物女優Mとキスするも「つらかった」と告白」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!