0

え、ニベアとあの高級クリームが同じ!? 成分テストでわかった新事実

2018年2月14日 19時00分

化粧水・乳液・クリームの3点は、肌にうるおいなどを浸透させるスキンケアの基盤。その基本のステップにおいては、悪い成分はできる限り避けたいものです。今回は、乳液・クリームをつくっている成分に着目しました。


乳液&クリーム全12製品
全成分を徹底チェックしました


前回の乳液・クリームの総合テストでは、ミノンが堂々1位に輝きました。今回は化粧品の成分を調べるべく、髪と皮膚の専門家である美容のプロに検証を依頼。

成分の種類だけではなく、記載順にも注意して、全成分表をチェックしていただきました。良い成分と悪い成分、気になる成分を挙げてもらい、全12製品を厳密に評価。


1位はアミノ酸系成分10種類以上で
肌にやさしい成分できたミノン


アミノ酸系成分が10種類以上配合されていて、肌にやさしい成分でつくられているのがミノン。グリチルレチン酸ステアリルは確かな抗炎症作用・抗アレルギー作用で肌トラブルを予防してくれ、肌の天然保湿成分であるアミノ酸をたっぷりと補充しています。

ほかにもイノシン酸2Na・グアニアル酸2Naなどの核酸系成分はアレルギーを起こさないための配慮で、「マイナス成分が一切ない」と、プロからも高評価でした。



第一三共ヘルスケア
ミノン
アミノモイスト モイストチャージミルク
実勢価格:1969円



[GOODな成分]
グリチルレチン酸ステアリル
アミノ酸系成分
イノシン酸 2Na
グアニアル酸 2Na


評価はこちら
成分:★★★★★(4.5)


ファンケルはモチモチ成分多し!
うるおいを持続してやわらかい肌に


ファンケルもお肌モチモチ成分がいっぱい! たとえばレシチンは、細胞膜の主要な材料になっている物質。抱き込んだ水分を維持するため、お肌がやわらかくモチモチになります。



ファンケル
アクティブコンディショニング ベーシック 乳液 II しっとり
実勢価格:1512円



[GOODな成分]
スフィンゴ脂質
レシチン


[評価はこちら]
成分:★★★★☆(4)


植物由来の成分を配合したキュレル
肌荒れに期待も乾燥肌には物足りず


キュレルは成分評価としては3ですが、悪い成分はなく、アラントイン(消炎・美白)やユーカリエキス(肌荒れ改善)など、植物由来の成分が目立ちます。乾燥肌の人にはやや成分が不足かも。



花王
キュレル
潤浸保湿フェイスクリーム
実勢価格:2484円



[GOODな成分]
アラントイン
ユーカリエキス


[評価はこちら]
成分:★★★☆☆(3)


アルビオンは良い成分と
悪い成分とが混在して評価は普通


アルビオンはスミノミザクラ果汁発酵液、マカデミアナッツ油脂肪酸などの良い成分と、ミネラルオイルやエタノールの悪い成分が混在していました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!