0

コールマンだけじゃない! これぞ大本命のキャンプ道具7選

2018年2月14日 05時00分 (2018年2月17日 04時47分 更新)

今年こそキャンプに行きたい! というビギナーも、便利な道具で一味違ったキャンプを楽しみたいベテランも、大満足できるキャンプ道具を厳選してご紹介! 過去の『MONOQLO』誌でベストになったアイテムたちを集めました。


コイツは絶対使える!
今から揃えておきたい道具はコレ


アウトドアショップに行くと、いまや売り場にはありとあらゆるキャンプ道具があって、気分がアガりますよね。でもいざ買おうとするろ、「どれを選べばいいのかわからない」「本当にコレ買って大丈夫?」と、迷うこともしばしば……。

そこで今回は、ビギナーも安心、ベテランも大満足できる大本命のキャンプ道具をご紹介。どれも過去のMONOQLO本誌でベストバイに輝いたアイテムですので、買って損はさせません! ではさっそくご覧ください。


①焚き火はもちろんBBQも
ダッチ料理もできるファイヤグリル


6製品を集めて行われた焚き火テストで1位になったのがコチラの製品。フラットな底の炉は、間口が広く、初心者も火力調整しやすくなっています。また、焼き網でBBQをしたり、ダッチオーブンを使って料理もつくれます。

焚き火だけでなくアウトドア料理の幅を広げてくれる汎用性が評価を上げたポイント。



ユニフレーム
ファイアグリル
実勢価格:6900円
使用時サイズ:約43×43×33(網高)cm  
収納時サイズ:約38×38×7cm
重量:約2.7kg



パーツは炉、ロストル、スタンドの3つ。収納時は全て炉の中に入れておくことができます。



オプションパーツも豊富にラインナップ。別売のポットハンガーを使えば、ダッチオーブンを吊るして調理することもできちゃいます。



テスト時は、1万円以内で買える焚き火台を集めて検証。収納時サイズ、組み立てやすさ、機能の多さ、焚き火のしやすさを時間を掛けてじっくりテストし、ベストに選定しました。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!