休日も気分がアガる! エルメス、プラダ、サンローランから届いた痛快な遊びの相棒

2018年2月14日 08時00分

名だたるトップメゾンのアイテム良さは、その洗練されたデザインが醸し出す気品により、ここぞの場面でビシッとキマること。

では、普段の休日や旅行のお供としては場違いか、と言われれば、答えはNO。こんなアイテムを見せられたらきっと、誰もが納得するはずだ。


「エルメス」のリバーシブルキャップ

カレの柄がプリントされた面を裏返すと、Hのワンポイントが入った無地キャップに。

各4万5000円/エルメスジャポン 03-3569-3300

スポーティな雰囲気を醸せるし、ヘアスタイリングを省略したいときにも有用な休日のキャップ使い。選びのセンスはTシャツ同様、絶対に外したくないというのが本音だろう。そこで頼りになるのは、やっぱりエルメスだ。

浅めに被れるサイクルキャップ的なデザイン。エルメスを代表するアイテム、カレの柄をプリントした面と無地の面からなるリバーシブル仕様だ。高密度ポリエステルのマットな質感と絶妙なニュアンスカラーが相まって、大人の渋さを演出。

さらには、くるくると折りたたんでポケットにも突っ込めるという芸達者ぶり。まさに、春の着こなしを盛り立てる名脇役である。


「プラダ」のバナナ柄トロリーケース

H54×W34×D26cm 30万6000円[予価]/プラダ 0120-451-913

我がトロリーを見失って思わず焦るのは、空港のバゲージクレームでの「あるある」。でも本当になくしたらシャレにならない。迷子を回避するなら、機内持ち込み、ないしはオンリーワンな色柄が有効だ。

プラダの新作トロリーは、アーカイブからのバナナ柄と国際規格のキャビンサイズでその両方を実現し、不安を半分解消。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。