3

コピー用紙でできるの!? 簡単なのに喜ばれるギフトアレンジ4選

2018年2月22日 15時00分

万年筆用のインクやマステは知っていても、本来の使い方で終わってしまいがち。そこで、万年筆を使った素敵なラッピングのアイデアご紹介します!一味違うのに超カンタンにできるんですよ。


万年筆を使って素敵
ラッピングアレンジ!


実は、ちょっとしたおすそ分けやプチギフトに便利なかわいいラッピングが、コピー用紙やマステなど身近なモノで作れちゃうんです!

主役となるのは万年筆。ただ手紙や書類を書くだけじゃもったいない!

万年筆の特徴である濃淡や線を最大限に活かしたアレンジをご紹介します!


自分で作る雰囲気たっぷりの
プチギフト用紙



こんな素敵なラッピング用紙を、手軽に楽しみながら作れるんです!



まずは、こちらののし紙風の作り方のコツからご紹介します。

使っているのはこちら。



白コピー用紙は100均などで売られています。



白いコピー用紙を3等分にカットし(包むものに合わせて調整してください)、赤系のインクで線を書くだけ!

コツは、インクの濃淡でリボン風にすること。フリーハンドで線を重ねると素朴な線になります。

ちなみに今回使っているのは茶色がかった赤ですが、普通の赤で作ってもかわいい!


テトラ型のギフトパックも
手作りできちゃう!



使ったのはこちら。



カラーコピー用紙も100均で手に入れることが出来ます。

紙が平面の状態で、マスキングテープをランダムに斜めに重ねて貼り付けていきます。



マステの横に、万年筆でメッセージや名前などを書きます。

ラッピング用紙ができたら、紙を半分にして袋を作り、方向を変えてねじり、留めたら出来上がりです。

コピー用紙のほかにもクラフト用紙を使ったり、マステを工夫していろいろなラッピング紙を作ることができます。



可愛いデザインのマスキングテープを使うのがコツ。



上のマステを使ったのがこちら。遊び心のあるハンドメイド感があり、渡した相手の顔がほころぶのを想像しちゃいます!


ほんの一工夫で
ほっこりメッセージカード


次にご紹介するのは、フリーハンドで書いて作る、メッセージカードです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「コピー用紙でできるの!? 簡単なのに喜ばれるギフトアレンジ4選」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    あんまり簡単そうに思えない。 めんどくさっ!

    1
  • 匿名さん 通報

    ちゃんとした贈り物には使えないけど、低価格で揃えられるし想像力を育むにはいいよね。小中学生が扱うにはとっても良いツールだと思います。

    1
  • 匿名さん 通報

    こんなに見事に作られたらもったいなくて中身が取り出せない。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!