0

海外では常識!女性が「ちつケア」をすべき最大の理由

2018年3月13日 22時00分

あなたの「膣」は、きちんとケアができていますか?

膣にはセックスや性的なイメージがあり、「ケアなんてはずかしい」という方が多いのではないでしょうか。

『産婦人科医が教えるオトナ女子に知っておいてほしい大切なからだの話』(アスコム刊)の著者で、産婦人科医の八田真理子先生は、「日本人女性は、膣周りのケアへの理解がかなり遅れている」と指摘しています。

「欧米などの海外では、女性が自分の膣に関心を持ち、積極的にケアをするのは当たり前のこと。お肌やネイルをケアするのと同じように、膣のお手入れ「ちつケア」をするのが常識なんです」(八田先生)

「『セックスするパートナーがいないから』『今は妊娠・出産を考えていないから』と、膣をケアせずにいると、気が付かないうちに膣はどんどん劣化してしまいます。膣が劣化すると、膣炎などの感染症や、かゆみ・においなどの不快症状、尿漏れや骨盤臓器脱(腸などの臓器が膣から飛び出してしまうこと)など、さまざまな不調や病気にかかる可能性も高まってしまうのです」(八田先生)

また、膣の状態は、女性ホルモンや自律神経とも密接に関係しているため、「ちつケア」をすることは、体全体の健康を守ることにもつながるのだそう。

そんな、女性にとって必須の「ちつケア」。具体的にどんなことをするのか、八田先生に教えていただきました。

■洗いすぎはNG!正しく洗ってしっかり保湿

膣周りは、においなどが気になり、中までしっかり洗いたいという人も多いと思います。でも、実は洗いすぎは逆効果。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「海外では常識!女性が「ちつケア」をすべき最大の理由」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!