0

交通事故の約3倍!「家庭内事故」が起きやすい家の特徴とは

2018年3月14日 11時00分



「家庭内で起きる不慮の事故で亡くなる方は、交通事故で亡くなる方の3倍近くもいるんです」



こう話すのは、家庭内で起きる事故の事例に詳しい一級建築士の井上恵子さん。厚生労働省の人口動態統計によれば、「家庭における主な不慮の事故」の死亡者数は、最新の2016年のデータで、年間1万4,175人だった。



そして同年の交通事故死者数は5,278人であるため、じつに3倍近い人が、最も安全と思われる“家庭内”で命を落としてしまっていることになるのだ。



「種類別で最も多いのが溺死で5,491人。次に、誤嚥などによる窒息が3,817人。部屋での転倒や階段からの転落などが2,748人と続いていきます。死亡者数の約85%が65歳以上の高齢者です。住みなれたマイホームの中に、多くの危険が潜んでいるということを意識して、対策を立てておくのは、とても重要なのです」(井上さん)



そこで、家庭内事故を起こしやすい家の構造と生活習慣を紹介。



■一人暮らしだ。または家族の帰りが遅く、一人で行動する時間が長い


注意点:浴槽で溺れたり、窒息した場合でも発見されにくい。



■自宅内に段差が多く、片付けがしっかりできていない


注意点:高齢になると5センチの段差でもつまずくことが。



■手すりのない急な階段がある


注意点:今までは問題なくても、高齢になるにつれて事故の原因に。



■浴室の脱衣所に暖房がなく、冬は寒くなる


注意点:寒暖差がヒートショックの原因になる。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「交通事故の約3倍!「家庭内事故」が起きやすい家の特徴とは」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!