0

不倫と介護は近代家族の矛盾の集積点

2018年3月14日 13時11分
不倫報道2年の果てに見えたキーワード

 ミュージシャンで音楽プロデューサーの小室哲哉が、『週刊文春』で不倫疑惑を報じられ、引退を表明した件には、すっきりしない感覚を覚えた人も多いだろう。「文春砲」と呼ばれる同誌名物の不倫記事は、2016年1月に、バンド「ゲスの極み乙女」ボーカルの川谷絵音とタレントのベッキーの不倫を報じて以降、芸能人や政治家など有名人を続々砲撃目標とし、この2年でワイドショーの不倫報道も増加したという。

 日本人は、いつからこんなに不倫報道が好きになったのだろうか? いや、多くの人は「くだらない」「興味がない」等と答えるはずだが、なぜこの種の報道は、嫌がられながらも耳目を引いてしまうのか。

 あえて言おう。なぜなら不倫は、日本社会の矛盾の集積点といえる問題だからである、と。そう、不倫はかつてボウヤがするものではなく、家父長制でガチガチに守られた「権威ある大人の男性」が、「玄人(ないしはそれに準ずる)女性」と、家庭でも職場でもない安全な中立コロニー、もとい大人の社交場で、ランデブーするものであった。

 だが、時代は変わって宇宙世紀に突入するよりも早く、人類の不倫居住空間は拡大した。職場や家庭など、不倫地帯とは一線を画していたはずの地域との境界線が溶解し、同時に不倫戦に要する費用も安価になった。そんな戦況下、「メカケヲモツノモオトコノカイショー」という名のステルス兵器は、ブンシュンミノフスキー粒子の発明によって無効化されてしまった。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「不倫と介護は近代家族の矛盾の集積点」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!