0

ビールを何缶も買うより「5リットル樽生」のほうが盛り上がる

2018年3月14日 09時15分

5リットルのお手軽ビアサーバーがテンション上がりすぎる!(ビール党的には)

以前、ハイネケンの5リットル樽をご紹介(リンク)しましたが、同商品を扱うドラフト・ケグ・ジャパンから『クロンバッハー樽生ビール』(Krombacher)が登場したようです。さっそく取り寄せてみました。

もうじき花見シーズンということで、ビールを何缶も買い込んだりする人もいるかと思いますが、どうせなら大型樽を仕入れてみてはいかがでしょうか。コスパで考えると少々割高な感じはあるんですけど、盛り上がりを考えたら、かなりおすすめしたい一品であります。


【事例】5リットルの樽生ビールとはどんなものなのか?

疲れて公園のブランコに佇むスタッフ女子が抱きかかえていてもまったく違和感のない5リットル缶。重量は約5.8kg。ちなみにケグとは樽のこと。

一杯お恵みくださいと近寄ってきた人にもすぐに注げる、電源不要サーバー。付属パーツを取り付ければ、ノズルから簡単にシュワ~って(初回&慣れないうちには泡だらけ)。軽く操作するだけでビールが出てくるので、持ち運び時はノズルを外しておくのです。

ドイツから直輸入のピルスナービール「クロンバッハー」。クセのない、澄んだ苦みでグイグイいけちゃう味わい。働く人々が休憩に集まる都心の公園に持ち込んでも楽しいので(編集部のご近所公園では「お酒を飲んで大騒ぎするのは禁止」。節度を守ってどうぞ)、アウトドアシーンなんかで注ぎ合ったらさらに盛り上がるんじゃないでしょうか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ビールを何缶も買うより「5リットル樽生」のほうが盛り上がる」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!