0

卒業式に備えよう! 自宅でできる袴の着付けのコツ

2018年3月14日 18時00分



大学もいよいよ卒業シーズン。女性のみなさんの中には、あでやかに袴姿で卒業式に臨む人もいらっしゃるでしょう。しかし、普段から和装しているならともかく、袴の着付けが自分でできるという女性は少ないですね。というわけで今回は「袴の着付け」についてご紹介します。

一式レンタルする人が多い!

卒業式のためだけに袴など一式を購入するという人は珍しく、多くの人がレンタルで済ませるでしょう。また、必要なものを「一式レンタルする」のがほとんどです。

今回、筆者もこの企画のために「袴姿のための一式」を『和楽庵』でレンタルしてみました。以下のようなものがセットになっています。

卒業式用袴など一式(セット例)

・和装下着
・長襦袢(ながじゅばん)
・きもの(二尺袖)
・半巾帯
・袴
・重ね衿(えり)
・衿芯(えりしん)
・帯板(小)
・腰紐(こしひも)6本
・伊達〆(だてじめ)2本
・着物ベルト(コーリンベルト)
・補整パッド
・タオル4本
・風呂敷
・足袋
・草履
・バッグ

⇒『和楽庵』
https://www.warakuan.jp/

【保存版】袴の着付けをチェック!

実際には、卒業式の当日にプロに着付けを依頼することが多いのですが、その手順を見てみましょう。『青山きもの学院』の専任講師・坂本久仁子先生に着付けをお願いしました。

1.長襦袢

↑和装下着を着け、「長襦袢」を着たところです。袴から裾がのぞかないよう、長襦袢の裾線はふくらはぎの中ほどです。

↑長襦袢の襟元を整えます。



↑整えた襟元が崩れないように腰紐を胸元にかけます(胸紐ともいいます)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「卒業式に備えよう! 自宅でできる袴の着付けのコツ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!